ゴミ屋敷

ゴミ屋敷のある環境

ゴミ屋敷の問題点は持ち主の土地、家でのみで完結しないことと考えます。ゴミ屋敷の周囲に与える影響は非常に大きいと思います。その一つとして臭いがあります。生ごみのようなものがあれば当然腐敗臭がしますし、風が通り抜けにくくなっていることから人の皮脂の臭いが籠ってしまうし動物が住み着いてしまうことも考えられます。
そしたらそれらの生き物の臭いもするでしょう、その他にも雨水が溜まって臭いを発するようになったり、他にも様々な要因で発生した臭いが複雑に混じりあって周囲に漂い、人を不快にすることでしょう。周辺の家では窓も開けられないということも聞きます。
次に動物や虫の被害が考えられます。動物や虫の中には病気を媒介するものがいますし、単純にそのものを不快に思う人もいます。また周辺地域に糞尿の被害が出れば衛生的に問題になります。食べ物を求める動物で治安が悪化するかもしれません。
次に安全性の問題があります。ゴミが積みあがっていたりすればそれが倒れる心配があります。火事になった時など鎮火が難しそうですしゴミのせいで道が塞がっていて消防車の到着が遅れるなどの問題が出るかもしれません。ざっと思いつくだけでもこれだけの問題が周辺に不安と迷惑を与えてしまうのです。