ゴミ屋敷

ゴミ屋敷を作りやすい人

ゴミ屋敷ができるまでには、ゴミ屋敷をつくりやすい性格というのが関係してきます。まず1つ目は、ゴミをゴミと思わない人です。普通の人なら、「もういらない」「ごみだな」と感じたら、ゴミ箱に捨てると思います。ですがゴミ屋敷を作る人は、そのゴミが「まだ使えるのではないか」「もったいない」と感じて捨てられないのです。
そして、使いもしないものがもったいないという理由でどんどん部屋にたまっていきます。そして、気が付いたらゴミばかりたまっていて、ゴミ屋敷となっているのです。2つ目は、片付けが苦手だという人です。1つ目とは裏腹に、まず掃除をすることができないのです。掃除をすることができないから、いらないものがわからない。
そのため、新しいものがどんどん増えていき、古くなっていらないものがどんどんたまっていく。そうするとちょっとの量でも片付けができない人は、ゴミで膨れ上がった家なんて、掃除することが絶対にできません。最初は頑張ろうと思って掃除していた人でも、やはりどこかのタイミングで、掃除をさぼってしまうケースが多いです。このようなことから、掃除・片付けができない人の家はゴミ屋敷になっていってしまうことがあります。