ゴミ屋敷

近隣に迷惑をかけるゴミ屋敷と自治体の対策

大阪でゴミ屋敷が作られていく行程について、多くは年配の方が大阪のゴミ屋敷に住んでいるという事実があります。これは年配の方がゴミを集める習慣があるという事ではなく、なんらかの病気で例えば認知症などを発症し、かつ一人暮らしをしていて、身の回りのお世話や遊びに来てくれる人がいないので、寂しさを紛らわすためにゴミ屋敷を作っていくのではないだろうかと思います。
本人の敷地外にはみ出したりし、近隣の方に迷惑がかかるので自治体により、ゴミ屋敷を作った本人にゴミを撤収するように声掛けをすることがほとんどですが、なかなか片付けてくれないのが事実です。これはゴミじゃない。と一点張りです。強制撤収することは難しく、一度裁判にかけ近隣の迷惑になるので撤収する必要があるのか審査をして、必要があるという結果になれば、自治体により強制撤収することができます。
しかし、裁判をするということは時間をついやすことになるので、その間近隣の方は異臭などに非常に悩まされます。なので、日頃から自治体の対策として大阪でゴミ屋敷になりそうな家には声掛けをするなどをしています。ゴミを回収する業者について、リサイクルショップなどに売れるものは売ります。使えるものは使い、使えないものは処分。使えるけど使わないものはリサイクルをします。

ゴミ屋敷によって起こる問題

周辺住民への影響・環境への影響・個人への影響の3点の問題について考えてみました。まず、周辺住民への影響としてまず挙げられるのが、事故の発生の恐怖です。たばこのポイ捨てなどでも火災事故の原因となりますし、どのようなゴミがひしめき合っているかも不明の為、中にはまだガスの入ったボンベなどもあるかもしれず、積み上げられたゴミに圧迫される事により爆発のおそれもあります。そして、環境悪化による生活水準の低迷です。
様々な種類のゴミが腐敗して汚臭となり、近隣の住宅では窓を開けることができない、ゴキブリなどの害虫がわく、また公共の道路までゴミが溢れて交通ができないなどの問題があげられます。最後に、大阪でゴミ屋敷を作り出してしまった個人への影響です。ゴミに埋もれて生活することによる体調不良、近隣とのトラブルによる孤立、孤独死の不安などがあります。
周辺住民の方は、いつ事故が起こるかも分からない恐怖や、生活していくうえで、ストレスを抱えて過ごさなければいけないとい不満、大阪のゴミ屋敷の住人の方は、体への悪影響、今後の不安があるだけで、双方には苦痛しか与えられていません。このように大阪でゴミ屋敷によって起こる様々な問題は、人が人らしく生きていく為にはあってはならないものです。国、自治体によって早急に解決していく問題であると考えています。

一人の生活では良いことが

大阪でゴミ屋敷になるのには、色々なことがあると思います。例えば、高齢になってゴミステーションまでが大変になってきたとか、元来の無精者で一人暮らしになってそれが加速して物が捨てられない。これはよくテレビなどに出てくる大阪のゴミ屋敷のパターンが何でも集めて来て物が増えるパターンですね。
私の場合もゴミ屋敷になりつつありますが、それは自分が障害者であり大阪で一人暮らしで大きなものの移動などは無理。その様な状態では、知らず知らずのうちに小物も増えてきます。幸い、ここは田舎なので食料品などもパックなどは燃える物を買ってきます。そして、燃やしてしまうのですが消防に見つかると始末書物ですが、周りは燃える物は皆燃やしてごみの減量をしています。
勿論ゴミの回収もちゃんと来ますので、そちらに出しても当然良いのですが。家の中の生活スペースにちょっとそこにおいてしまって、それがだんだん重なっていく事で、ごみ化していくのではないでしょうか。都度、格納していく事で防げるのだと思うのですが、私の様に一人の生活だと自分の都合だけで、まあいいかと言うことから始まるのだと実感しています。私の場合は月に一回お坊さんが来るので、その時には、ある程度の掃除と整理をするので何とか持ちこたえているような状態なのです。


自分だけではなく、近隣の方にも迷惑をかけることにもなりかねないのがゴミ屋敷の大きな問題です。いますぐ解消しようと思うならゴミ屋敷を大阪で解消してくれるおすすめ業者がありますので、こちらにお願いしてみてはいかがでしょうか。きっときれいさっぱり大阪のゴミ屋敷に別れを告げることができると思いますよ。

メニュー